あきる野の保育所
 
2017
所在地:東京都あきる野市
用 途:企業主導型保育所
床面積:138.40㎡ 
 
 
本保育所は、平成28年度より内閣府が進めている「企業主導型保育事業」にもとづいて設置される保育所、つまり「一般企業がつくる」保育所である。
認可外保育施設とはなるものの、国から認可保育所並みの運営費・整備費の助成がされ、現在の待機児童対策の切り札として今後の展開が期待されている。

既存鉄骨の梁型や上階からの配管、新たに設置する空調機などを隠蔽するように天井面の凹凸を構成した。一方、間仕切壁はフローリングの床から平面計画のまま立ち上がるため、上部の天井面との間にズレが生じる。
壁が途中で止まりロフトスペースや欄間となったり、同じ部屋の中に天井高の違う場所を生み出した。
フロアレベルにあらわれる園児たちの活動を想像しながら、この天井面と壁面のせめぎあいの調整をし、そのせめぎあった結果そのものが表れるような設計とした。
結果、平面図からだけではわからない、多様で自由な空間が生まれたのではないかと考えている。



 写真撮影 若林